FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤浩輝騎手への思いと中山記念(GⅡ)

競馬
03 /01 2015
皆さんがブログに綴っているため、あえて綴る必要はないと考えたが、少しだけ・・・・・・
自分の中で一番好きなジョッキーが逝ってしまった。その日は仕事が午前中から立て込んでいて、通常なら、昼休みにでもチェックするはずのネットすら開く時間が無かった。
残業中の20時頃、ようやく一息付ける時間が出来、ネットを開いた。
目に飛び込んできたのは後藤騎手の訃報だった。思わず、声が出た。
先週の落馬を勿論、知っていたし、検査で異常なしという情報もあったため、何があったの?という思いと、落馬の影響で、急変でもしてしまったのか?と考えた。
報道内容はそうではなかった。
直近まで更新していたというフェイスブックも見た。まるでこれから重大な決断を下す人の表情、内容では無かった。
でも・・・・どうなんだろうか。福祉職に携わる自分として、多少なりの精神疾患の知識はある。
度重なる大けがから不屈の精神で復活してきた後藤騎手。ファンサービスもJRA騎手随一で、誰からも愛されるキャラクター、色々な関係者の方のコメントを読むと、周囲への心遣いも素晴らしいものがあったらしい。復帰後、茶目っ気たっぷりに岩田騎手のクビを締めるふりをした写真、二人で何かを食べさせあう仲睦まじそうな写真を見た。後藤騎手は、世間から大バッシングを受けている岩田騎手に対し、(言い方は悪いが、2度も生死に関わる事故の原因を作った岩田騎手に対し)世間から守るって言い方でいいのかよくわからないが、後藤騎手の人間性を垣間見た写真だった。
 たらればで文章を書いてはいけないが、笑顔の裏の苦悩はどれだけのものだったのだろう。
躁鬱を発症されていたのかも知れない。PTSD(心的外傷後ストレス障害)で苦しんでいたかも知れない。毎週、毎回、騎乗のたびに、想像を絶する恐怖と戦っていたのかも知れない・・・・。
 それが先週の落馬で、かろうじて繋いでいた糸が切れてしまったのかも知れない・・・・
頸椎のため、タオルを用いて、自己牽引というリスクのあるリハビリをしていたさ中での不慮の事故かも知れない・・・・
でも真実は闇の中だし、分かったところで、後藤騎手は戻って来ない。
今になっても信じられないし信じたくない。今年は必ずや、GⅠ勝ちをしてくれると信じていたのに。
 それでも競馬は続く・・・・・
いつまでも暗いムードは後藤騎手は望んでいないだろう。
 私は今日も馬券を買って、後藤騎手のことを考えたいと思う。

中山記念(GⅡ) 芝:1,800

 ◎ マイネルフロスト  順調に使われ、力も付けている。AJCCは出遅れさえなければ勝ち負けだった。有力馬よりも内枠をゲットした今回は大チャンスだ!松岡が魅せる。

  イスラボニータ  実力実績ナンバーワン。もちろんあっさりもある。でも、外枠とトップハンデ、休み明けを考慮し、2番手評価。
 今日はこれで勝負。

ゴッティー・・・・・・・信じたくないけれど、受け止めなければならないなぁ。
今まで、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

zankisan

好きな馬は「エイシンフラッシュ」
写真の馬は「ニホンピロアワーズ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。