FC2ブログ

WBC

野球の事
02 /19 2013
 珍しく、「野球」の事を。
いよいよ第3回ワールドベースボールクラシックが開催されます。・・・・・前回大会は「ドキドキワクワク」感が強かったことを覚えていますが、今回はそうでもないのが本音です。

 メジャー組が居ないから?

 ミスター赤ヘル「山本浩二」監督が地味だから?

 どちらでもありません。ある意味、国内組だけでも優勝できる力はあると思います。それにはある条件が付きますが・・・・・。

 私が思うには、短期間でどれだけのチームワークを形成できるか!!

 それに尽きると思います。日本は他国と比べ、最高のチームワークを作れるハズです。メジャー組不在だからこそベテラン・若手の融合で最強ニッポンを示してほしい。

 山本監督には確かに、王さんのような「世界的知名度」や「カリスマ性」、原監督のような「華やかさ」や「実績」はありません。しかし、みんなが断った「代表監督」を引き受けた「大きな器」が魅力であり、応援したくなる存在です。

 私の中で盛り上がらないのは、大会運営そのものであり、第3回を迎えても一向に改善しようとしないMLBにあります。サッカーのワールドカップを見習い、すべての野球人が夢見る大会に少しでも早くなって欲しいと思います。

松井引退

野球の事
12 /28 2012

 ついにこの日が来てしまいました。「背番号55」松井秀喜がユニホームを脱ぎ、バットを置く日が・・・。1993年、ヤクルトの絶対的守護神「高津」からプロ初アーチを放ち、2002年に同じくヤクルトの「五十嵐」から自己最多の「50号」ホームランで日本球界に惜別しました。
 日本(ジャイアンツ)での10年間で「332本」のアーチをかけました(あと1本で333・・・長嶋めいたものが)
補強補強そして補強・・・そんな時代のジャイアンツの中で、落合、清原といったFA組に負けず、確固たる地位を築きました。

 メジャーでの活躍もみなさんご存知の通り。
名門ヤンキースの9年振りのワールドシリーズ制覇は松井の活躍なくしてあり得ませんでした。メジャー通算本塁打は実働10年で「175本」松井本人にとっては物足りない数字だったと思います。
 しかしながら、しばらくの間、松井クラスの日本人スラッガーは現れないのではないでしょうか。それは成績のみならず、「人間性」の面からも。

 近い将来、「巨人」のユニホームに袖を通し、選手を指導している姿が見られることをファンの一人として願っています。

「巨人軍は常に紳士たれ」

野球の事
11 /03 2012
 巨人が日本一に王手を掛けた。第4戦の延長12回サヨナラ負けは正直ダメージがデカいそう思いました。「これは札幌で3タテ食らうな・・・。」そうつぶやいたのも事実。そんな負けもいざ知らず、第5戦は15安打10点で快勝!敵地で王手をかけ本拠地「東京ドーム」へ戻る事になりました。(1点がほど遠い試合もあればトントントンと点が入る試合もある・・・これが野球ですね。)
 阿部を怪我で欠いた巨人。先発のエース内海との相性からマスクを被ったのが「加藤健」でした。打っては3打数2安打2打点!けっして本調子ではない内海を8回までリードしました。まぁ、それだけなら良かったのですが、4回の打席で「魅せました!」誰がどう見ても当たっていません。確かに頭部付近のボールでしたが・・・・・。リアルタイムは仕事中だったので、ハイライトの映像で見たのですが。(んんー頭を抱え倒れこむあの姿・・・・「お前は達川か?(元広島正捕手、元監督)いや、それ以上だろ!」って思ってしまいました。大の巨人ファンの私ですら「やりすぎだろ!加藤!」と思いました。ただこの加藤選手、クモ膜下出血で急逝された木村拓也氏が急遽、キャッチャーをやり、見事なキャッチングを披露されたのをご存知の方も多いハズ。なぜキムタクがキャッチャーをしたか?ベンチ入りのキャッチャーが居なくなったからです。この加藤選手が前の打席で頭部死球を食らって退場したからでした・・・・。(あの時の残像がお前をそうさせたのか・・・)そうとも考えましたが。
 日本シリーズという大舞台。「巨人軍は常に紳士たれ」正力松太郎の遺訓が「ジャイアンツプライド」であるならば、紳士でいて欲しいと心より思います。日本ハムはこのままでは引き下がらないだろう。感動する試合を期待しています。

ドラフトと日本シリーズ

野球の事
10 /26 2012
 いよいよ明日から「日本シリーズ」。今年のカードは、我が「巨人」vs「日本ハム」。リーグ優勝チーム同士のシリーズなので「真の日本一」を争う、面白い試合を期待しています。

 でもなーんとなく、「巨人」がサラっと勝ってしまうようなそんな気がしています。

 その理由は・・・・・・昨日のドラフト。

 大阪桐蔭:藤浪投手、亜細亜大:東浜投手を巡るクジ引きは面白かった(将来が掛かる選手、即戦力をとれるかどうかの各チームは面白いというよりドキドキだっただろうが・・・・)

 巨人の「菅野」獲得にも多くの批判や異論があることは承知であるが、日ハムの「大谷投手」強行指名!こっちに視点を当てて考えてみたい。
 結論から言って「日ハム」は悪くはない。ルールに則り、日ハムGM曰く、「その年の最高の選手を獲りに行く」言わば「正論」とも思える。でも「大谷君」は「メジャー挑戦」を自らの口で宣言した。まだ18歳の高校生が声高らかに宣言したのだ。「菅野君」は巨人以外ならメジャーと表明していたが自分の口からではない。大谷君は素晴らしいと思う。(それでも私はジャイアンツ愛!)私的には日ハムには指名して欲しくはなかった。日本の至宝の思いに横やりを入れずに見守って欲しかった。それが私の感想。
 でも先述の通り、日ハムは悪くはない。メジャーとの交渉は出来るのだから。
 気の毒なのは「栗山監督」だ。誤ってばかりだったな。監督といえど球団から雇われている以上、球団首脳の方針に従わなければならない。評論家時代に多くの高校生と接し、もちろん大谷君とも関わってきたと思う。本人の意向を尊重させてあげたいという栗山監督の本心が見えた会見だったと思う。
 そんな中で迎える「頂上決戦:日本シリーズ」栗山監督の采配、チームのムードに影響を少なからず与えるのではないか・・・そんな気がしています。

 明日は「スワンS GⅡ」です。本命は「サンカルロ」単勝で勝負だ!

祝!日本シリーズ進出~我らが巨人軍~

野球の事
10 /22 2012
 まさに「徳俵」に乗った状態から宿敵「中日」をうっちゃりで下した。3連敗の後の3連勝!今シーズンを象徴する勝ち方だった。シーズン当初は「これはAクラスもあぶねぇな。」と心底思ったものだ。終わってみれば10.5ゲーム差を付ける「圧勝」だった。怪我でエース吉見を欠いた中日には余裕で引導を渡すと思ったが・・・流石は「落合」が作り上げたチーム恐れ入りました。

 でも3連敗した時は「終わった」と思ったけど、あの近鉄との日本シリーズを思い出した。3連敗の後の4連勝!あの時は近鉄の某投手の暴言がきっかけだったけど、今回はそんなの無しでひっくり返した!お見事でした。

 早速土曜日から、日ハムとの日本シリーズ。ダルビッシュが抜けたチームをリーグ優勝に導いた栗山監督。その監督を心底慕っている日ハムは脅威だ!とにかく楽しい試合が見たい。

 3年ぶり33回目の日本シリーズ進出!おめでとう「原ジャイアンツ」

 天皇賞は、馬番で行こうかな。

zankisan

好きな馬は「エイシンフラッシュ」
写真の馬は「ニホンピロアワーズ」